leadership

 オーストラリア赴任を控えた某日系企業の幹部から興味深い話を聞きました。赴任前にその国に短期出張するケースは多いわけですが、その方も赴任前に短期出張でオーストラリアの赴任予定の支社を訪れたそうです。そこで、たまたま現地ナショナルスタッフ同士の会話を立ち聞きしてしまったとそうです。

 その会話は多少、衝撃的でした。彼らは今回新たに赴任する日本人支社長(つまり彼の事)に対して「前任者のように窓を拭いたり掃除したりするのは困るよね」「トップはトップらしく振る舞ってほしい」などと話していたそうです。

 実はこんな話は、日系企業の海外拠点でよく聞く話です。以前、韓国の日系企業の建設会社に勤める韓国人社員が日本本社に研修に来て、部長が現場でほうきを持って掃除している姿に遭遇しショックを受け、帰国後に転職したという話を、その本人から聞いたことがあります。

 日本では、人生修行ということもあり、小学校から教室や廊下の掃除は生徒がするのが当り前ですが、欧米だけでなく、アジア諸国でも掃除は掃除会社から派遣された掃除人が行うケースが多く、ましてや会社の職場で責任者が窓を拭いている光景は皆無と言えます。無論、社員がたまに掃除していることはありますが。

 一方、日本ではポジションが高い者が、低い者しかしない仕事をすると評価されたりします。ある日本企業のフランス支社では、日本から赴任したばかりの支社長が、善かれと思ってオフィスの掃除を始めたところ「掃除婦なら日本から呼ばなくてもフランスにいる」「掃除婦の仕事を奪うのはよくない」と皮肉を言われたそうです。

 掃除に精神的意味を見出す仏教の影響が強く、さらに下からの叩き上げが基本の日本社会では美談に思われることも、海外では逆効果というケースもあるわけです。たとえば日本では忙しそうにしているのがいいため、社内を小走りで動き回ると「働き者」と思われますが、アメリカではリーダーシップのない小間使いとしか思われてしまうこともあります。

 日本では謙虚さが重んじられ、堂々としていると傲慢とか権威主義と思われがちですが、リーダーらしさは国によって違いがあり、それを間違えると眉をひそめられることもあるという話です。とはいえ、前出のオーストラリアでは、自己紹介やプレゼンで過度に自分の実績を誇り、必要以上に大げさな表現を使うのも嫌われます。

 アメリカ赴任経験のある日本人が支社長としてドイツに赴任し、大げさに自分の実績を自画自賛するような自己紹介をしたら、ドイツ人のマネジメントクラスが不快を露にしたという例も聞いたことがあります。横柄な態度で中身がないほどみっともないこともありませんが、掃除をしたら尊敬される国は多くはないのも事実です。

 ただ言えることは、どの国でも尊敬されるリーダーとは、考え抜かれたヴィジョンや目標を提示し、部下の意見に注意深く耳を傾けながらも明確な方向性を打ち出し、その実現のために妥協なく、不屈の精神を持って黙々と取り組む姿勢を持つ人物であることは確かと言えます。

 そのためには自分の考え方を誰もが納得できる分かりやすい言葉で伝え、部下からのフィードバックを重視しながら、組織や集団を力強く率いていく姿勢が何より重要です。過信や傲慢はすぐに正体がバレてしまいますが、必要以上の謙虚さも問題です。オーストラリアの例では、もし前任者が尊敬を勝ち得た上で窓を拭いているなら、さらに尊敬されたかもしれません。